リウマチは治療すれば治るものなのでしょうか

リウマチは治療すれば治るものなのでしょうか

リウマチというのは、関節や関節周囲にある筋肉や骨、腱などに痛みを起こしてしまう病気を指します。

ほかには、リウマチ疾患と呼ばれることもあるそうです。

この病気は、一昔前までですと不治の病といわれていたそうです。

近年の医療の発展によりリウマチの進行を遅らせる治療法が発見されてきているそうです。

まだ、治ると一概に言えないところが辛いところのなのですが、信ずる者は救われます。

治ると信じて、患者本人はもちろん、患者を支える家族も治ると信じて治療を受けることがものすごく大切なことなのだそうです。

生まれつき脳の一部がなく、通常の生活は無理といわれていた子供が、親の諦めない子供へのサポートにより奇跡的に立ったそうです。

それだけでも医者は驚いていたのに、今では普通に歩いて、楽しそうに学校に通っているという奇跡的な逸話があります。

あきらめないことが大事なのがとてもよくわかります。

症状は違えど、あきらめずに、前向きに治療を受けて病気に立ち向かう姿勢が必要なのだそうです。

リウマチの治療法はどんなものがあるのでしょうか。

主流というほどのものではないですが、主に効果の高い薬を使っていくことだそうです。

まだリウマチが不治の病といわれていた頃のリウマチの治療は、痛みや炎症を薬で抑えるか、進行していくことで悪くなった部位を手術で切除する方法しかなかったそうです。

でも、今の治療は、痛みや炎症を抑えるだけの効果ではなく、病気の進行を食い止めることができる薬が開発されたそうなのです。

その薬により、関節が破壊されることも防ぐことができるので、より質の高い治療ができるようになったといわれています。

薬のほかですと、リハビリテーションや手術などを必要に応じて組み込んでいくのが一般的なのだそうです。

完治とまではいかないけれど、症状を抑えることができます。

症状が治まる状態になることを目指した医療は、今では一般的になってきたようです。

とはいえ、色々とわからないことが多いので、薬物療法やリハビリの方法など、詳しいことはこのサイトを見るとわかりやすいです。

リウマチの治療に関する情報